製品・サービス

Volume Extractor

3次元画像可視化システムである Volume Extractor(株式会社i-Plants Systems社製)は、2Dから3Dへ、多様な機能と快適な操作を提供するソフトウェアです。3次元画像から形状(骨、血管、臓器など)を抽出し、3Dプリンタへの出力をサポートします。さらに、3次元画像から任意の領域を抽出・加工したり、正確な計測(長さ、角度、面積、体積)が可能です。

Volume Extractorご紹介動画

Volume Extractor Ver.3.0 とは?

3D画像と3Dプリンタを活用するソフトウェア

  • 3D画像の可視化と領域抽出(骨、肉、皮、、)
  • 3Dプリンタ用データの簡単作成
  • 1クリックでエラーフリーの造形モデル作成

利用分野・利用例

  • 医療
  • デザイン
  • 教育
  • 3Dモデル作成

主な特徴

  • 2D画像から3D画像を作成し、画像処理、画像表示、領域抽出、計測
  • 3D画像から3Dポリゴンに変換し、モデリングと修正
  • すべての3Dプリンタに対して、エラーフリーのSTLファイルを簡単に作成

スライス画像群の3D表示

ve_01_slice_3d スライス画像群を読み込み3D空間上へ
ボリューム画像として表示します。
さらに画像を加工することで様々な表現を可能にします。

 

3Dモデル作成フロー(新旧比較)例

ve_02_3d_model「ボリューム化」&「ポリゴン編集」
 従来の方法では「ボリューム化」と「ポリゴン(等値面)編集」に別々りソフトウェアを必要としていましたが、Volume Extractor 3.0では、この2つの作業を本ソフトウェアだけで可能にします。

「形状データ出力」

 STL、DXFなど形状データフォーマットでの出力が可能です。出力した形状データは3Dプリンタでの造形用データとして使用できます。

多様な機能と快適な操作

スライス画像群読込

ve_03_slice 医療用画像として用いられているDICOMフォーマットをはじめ、
RAW、BMP、JPEGなど2次元画像フォーマットの入力に対応。
またAnalyze7.5などの3次元画像フォーマットの入力にも対応しています。

ボリュームレンダリング

ve_04_volume_rendering スライス画像群を重ね合わせて、3次元画像として構成・表示します。
輝度毎に「色」と「透明度」を設定することで、輝度値の異なる「骨」/「筋肉」/「血管」/「皮膚」を部位別にカラー表示できます。

3D計測

ve_05_3d_measurement 3次元画像の「長さ」や「角度」、「面積」、「体積」を3方向の画像を確認しながら、マウスによる簡単な操作で計測することができます。

部位抽出(セグメンテーション)

ve_06_part_extraction 「対話型セグメンテーション」「領域拡張法」「ヒストグラムベース」により領域を抽出、3次元形状モデルの構成を行うことで、さらなるデータ活用の可能性を広げます。

等値面生成・編集

ve_07_Isosurface 3次元画像のデータをもとに3次元形状モデルを再構成し、「穴埋め」「面貼り」「反転」などの編集を行うことが可能です。また面の構成エラーをチェックする機能を備えていますので、エラーのない形状モデルを作成できます。

ユーティリティ

ve_08_utility DICOM画像管理ツール、3次元画像クリッピング、画像フィルタ、3次元断面表示、ファイル情報表示、輝度分布を示すピクトグラム、WindowW/L設定、画面キャプチャ、等方ボクセル化、球体や円筒による切り出し機能など各種ツールを備えています。

画像提供: 株式会社 i-Plants Systems


 

試用版ダウンロード

Volume Extractor は、ご購入の前にご利用されるお客さまの環境でお試しいただけます。下記リンク先のフォームよりご利用者様の情報をご登録いただきますと、登録いただいたメールアドレス宛に、ダウンロードページのURLをお知らせいたします。

試用版ダウンロード お申込みフォーム
試用期間は、インストール後30日間のみとなります。
試用版ではファイル保存機能が使用できません。

ご購入・お問い合わせ

Volume Extractor についてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、ご注文につきましては、下記のリンクからご連絡ください。

ご購入・お問い合わせについて