製品・サービス

SPSSトレーニング

アドバンスト・アナリティクスがご案内するアイ・ラーニング社のトレーニングコースは、SPSS製品の初心者から医療従事者向けの専門的なコースまで、さまざまなトレーニングコースを豊富に取り揃えております。

価格・コース一覧 開催スケジュール 開催場所 お申し込み お問い合わせ

価格・コース一覧

価格はすべて税別です。
2018年より価格、コースコードが変更となります。

操作コース

[AAST5Y7] IBM SPSS Statistics操作入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\121,000 \78,650 9:30-17:00 2 AAST5Y7

IBM SPSS Statisticsの基本的な操作を習得するためのコースです。データの入力と定義、いろいろなファイルからのデータの読み込み、データの集計、グラフ表現などができるようになります。タイトルは『入門』ですが、コースに含まれる内容は非常に充実しています。
「Statisticsをすぐに使いたい!」「Statisticsの基本操作をしっかりマスターしたい!」「効率よく作業を進めたい」といった方にお勧めです。

[AAST5Q7] IBM SPSS Statisticsデータ加工

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAST5Q7

実践的なデータ分析で欠かすことのできないデータの加工テクニックを習得するためのコースです。数値データの計算、ダミー変数*の作成、日付や文字データの操作、ケースの重み付けの実行や入力ファイルの結合方法などを1日で効率よく学ぶことができます。 Statistics操作入門からのステップアップを目指す方だけではなく、すでにStatisticsをお使いの方にもお勧めのコースです。
*ダミー変数とは、多変量解析などで用いられる質的データを量的データに置換えた変数のこと

[AAST5Z7] IBM SPSS Statistics基礎統計

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\121,000 \78,650 9:30-17:00 2 AAST5Z7

データ分析を行うにあたり、必要となる統計的な考え方をStatisticsを使用しながら習得して頂けます。はじめに、データのエラーチェックをオプションのIBM SPSS Data Preparationを使用して行います。 つぎに、クリーニングされたデータを使用し分析を行う際に把握すべきデータの特徴について、統計用語の説明を交えながら紹介します。Statisticsを使った分析の目的は、分析の対象となる集団(母集団)の傾向を知ることです。その考え方を理解し、データの性質に合わせて統計的なデータ(2変量)間の関係性を調べる手順と結果の解釈の仕方を習得します。使用する手法は、カイ2乗検定、相関、t検定です。

[AASDA13] IBM SPSS Statistics比較のための分散分析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASDA13

データの分析は、いくつかの視点から手法を組み合わせて利用することがよいとされています。その視点の1つとして、データを比較して考えることが挙げられます。
当コースでは、はじめに分散分析の概念を説明し、対象者が異なる場合に比較する因子が1つの場合の一元配置分散分析、因子が2つの場合の二元配置分散分析、同じ対象者に繰り返し行われた調査データの傾向や平均値を比較するための反復測定を紹介します。この反復測定は特定保健用食品の評価にも利用されている手法です。

[AAST617] IBM SPSS Statistics分散分析アドバンス

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAST617

分散分析の上級編です。当コースで扱う手法は、サンプルサイズが等しい2元配置の分散分析、分割法のアプローチを使った1変量の反復測定、複数の測定変数を持つ反復測定、共分散分析(ANCOVA)、線型混合モデルを扱います。
一般線型モデル(GLM)の1変量を使い、サンプルサイズが等しい場合の2元配置分散分析を実行します。また、変量因子を使った反復測定を行います。

[AASTA14] IBM SPSS Statistics分類のための主成分・因子・クラスタ分析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASTA14

データの分析は、いくつかの視点から手法を組み合わせて利用することがよいとされています。その視点の1つとして、データを分類して考えることが挙げられます。
当コースでは、変数間の関連性から主成分を作る手法や潜在因子を発見する手法を学びます。そして、その出力結果を解釈します。
なお、クラスタ分析は、回帰分析や決定木分析の前に使用することで、よりターゲットを絞った予測やルールを発見することができるようになるため、他の多変量解析の手法と組合せてもよく利用される手法です。

[AASTA15] IBM SPSS Statistics予測のための回帰・ロジスティック回帰分析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASTA15

データの分析は、いくつかの視点から手法を組み合わせて利用することがよいとされています。その視点の1つとして、予測が挙げられます。予測の手法には回帰分析やロジスティック回帰分析があります。当コースでは、データの予測を行う回帰分析とロジスティック回帰分析の手法を習得します。

[AASTAC6] IBM SPSS Statisticsディシジョンツリー

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASTAC6

ディシジョンツリー(決定木:けっていぎ)を使ったデータ分析の手順を習得することを目的としたコースです。
Statisticsのディシジョンツリーでは、CHAID(チェイド)、Exhaustive CHAID(イグゾウスティブ チェイド)、CRT(カート)、QUEST(クエスト)の4つの分析手法を用いることができます。これらの分析手法は、データの予測や判別、分類に利用できます。
当コースでは、Statisticsのモジュール製品であるIBM SPSS Decision Treesの基本操作とその出力の読み取り方を習得します。

[AAST687] IBM SPSS Statistics時系列分析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAST687

時系列分析とは、月次の売上や日次の来客数、株価データなど、ある時間の系列データを回帰や階差、移動平均を利用して将来を予測する分析手法です。
たとえば、携帯電話会社には、日次の顧客あたりの通話時間の系列データがあります。そのデータで時系列分析を行うことにより、通話時間の将来の値を予測することができます。また、通話時間が予測できれば、その顧客から見込める通話料金および売上が予測できます。
このような時系列分析は、難しい分析手法だと思われています。しかし、基本的な統計(回帰分析入門程度)を習得している人であれば、理解できるような内容となっています。時系列分析に興味のある方、これから時系列分析をされる方、既に時系列分析をされている方も是非ご受講ください。
コース内で扱うモデルは、指数平滑化、自己回帰モデル、ARIMAモデル、多変量ARIMAモデルです。

[AASTA21] IBM SPSS Statisticsによる傾向スコアの利用

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASTA21

医療論文でよく利用されている傾向スコアの利用方法をIBM SPSS Statisitics22を使用して説明します。
傾向スコアの算出方法として最も一般的なロジスティック回帰分析を使用して傾向スコアを算出する方法、その傾向スコアの評価方法および活用方法をにつて取り上げます。

[AAST657] IBM SPSS Statistics医療従事者のための分析1

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAST657

医療系データを用いて、Statisticsの基本操作、データの入力/読み込み、データの要約、χ2検定やt検定を紹介します。Statisticsの基本操作と各種分析手法の概要とStatisticsにおける操作手順、結果の見方を習得するコースです。

[AAST667] IBM SPSS Statistics医療従事者のための分析2

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAST667

「医療従事者のための分析1」を受講された方もしくは、同レベルの知識をお持ちの方を対象に、医療統計で利用されている分析を紹介します。各種分析手法の概要とStatisticsにおける操作手順、結果の見方を習得するコースです。

[AASTA07] IBM SPSS Statistics医療従事者のための分析3

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AASTA07

「医療従事者のための分析1」と「医療従事者のための分析2」を受講された方もしくは、同レベルの知識をお持ちの方を対象に、医療統計で利用されている分析を紹介します。
各種分析手法の概要とStatisticsにおける操作手順、結果の見方を習得するコースです。

[AA0DA22] IBM SPSS Statisticsによるノンパラメトリック検定:入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,000 \39,000 9:30-15:30 1 AA0DA22

ノンパラメトリック法の基本的な知識と実践方法を習得するコースです。ノンパラメトリック法は正規分布に従わないようなデータやアンケートにおける段階評定法(たとえば、満足度を5段階で評価するような方法)の解析に有効な統計的方法です。この方法をSPSSを使いながら、データのグラフによる視覚化方法と併せて解説します。検定に必要なサンプル数についても取り上げます。
※ノンパラメトリック検定とは、データに対して分布の仮定を持たない(分布によらない)検定のこと。多くの統計手法がデータに対して正規性の仮定(正規分布に従う)を持つパラメトリック手法です。

使用テキスト:
「SPSSによるノンパラメトリック検定」(オーム社)

[AAMD0P2] IBM SPSS Modeler入門1

一般のお客様
教育機関のお客様
時間 日数 コースコード
\132,000 9:30-17:00 2 AAMD0P2

データマイニングツールであるModelerの操作を習得することを目的としたコースです。
データマイニングプロジェクトのプロセスモデルであるCRISP-DMのデータの理解、モデリング、評価、展開/共有のフェーズを2部構成でご紹介します。

[AAMD0Q2] IBM SPSS Modeler入門2 データ加工

一般のお客様
教育機関のお客様
時間 日数 コースコード
\66,000 9:30-17:00 1 AAMD0Q2

データマイニングツールであるModelerの操作を習得することを目的としたコースです。
データマイニングを行うにあたりよく利用するデータ加工の機能をご紹介します。

[AAMD0R2] IBM SPSS Modeer顧客分析【クラスタリング&アソシエーションモデル編】

一般のお客様
教育機関のお客様
時間 日数 コースコード
\66,000 9:30-17:00 1 AAMD0R2

IBM SPSS Modelerのモデリングの3つのアプローチである、プレディクティブ(予測)、クラスタリング、アソシエーション(連関)の中からクラスタリングとアソシエーションのモデルを習得することを目的としたコースです。
クラスタリングには、Kohonen,K-Means,Two-Stepの手法があります。これらの概念を理解し、モデルを作成します。
クラスタリングは、顧客や商品、店舗などを対象にして、同じようなものを分類する際に利用します。
分類されたクラスタの特徴から、ターゲットの絞り込みや傾向を把握することができます。
また、アソシエーションには、Apriori、Carmaとシーケンスの手法があります。これらの概念を理解し、モデルを作成します。アソシエーションルールは、マーケットバスケット分析のように併売傾向を把握したり、商品の陳列や広告の掲載、不適切なルーティンワークの発見などに役立ちます。

[AASTA18] IBM SPSS Modeler顧客分析【予測モデル:カテゴリ編】

一般のお客様
教育機関のお客様
時間 日数 コースコード
\66,000 9:30-17:00 1 AASTA18

データマイニングツールであるModelerを使用し、カテゴリデータの予測を行う方法を習得することを目的としたコースです。
たとえば、顧客が他のプロバイダまたはブランドに切り替えるかどうか(離反予測)や顧客が特定の広告キャンペーンに応答するかどうかなどを予測したい場合に用いることができる予測モデルの手法を紹介します。

[AASTA19] IBM SPSS Modeler顧客分析【予測モデル:スケール編】

一般のお客様
教育機関のお客様
時間 日数 コースコード
\66,000 9:30-17:00 1 AASTA19

データマイニングツールであるModelerを使用しスケール(連続型)データの予測を行う方法を習得することを目的としたコースです。
たとえば、顧客の契約期間や顧客の購入金額かなどを予測したい場合に用いることができる予測モデルの手法を紹介します。

[AAAM2D7] IBM SPSS Amos操作入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAAM2D7

Amosの基本操作、モデルの作成とその出力の読み取り方を習得することを目的としたコースです。
Amosグラフィックスを使いこなすために、アイコンを使ってパス図を作成する方法を学びます。
このコースでは、回帰分析、パス解析、(確認的)因子分析、多重指標モデルをパス図を作成し、分析を実行します。分析の実行後、出力結果の見方を確認します。

[AAAM2E7] IBM SPSS Amosアドバンス

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AAAM2E7

Amosの発展的な使い方を習得することを目的とした上級者向けのコースです。
複数のグループを比較する多母集団の同時分析や欠損値の代入方法、ベイズ推定の実行と結果の見方を紹介します。また、ベイズ推定を用いた打ち切りデータや順序カテゴリカルデータを使った分析、混合モデリングを紹介します。

[AATF320] IBM SPSS Text Analytics for Surveys

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-17:00 1 AATF320

テキスト分析ツールであるIBM SPSS Text Analytics for Surveysの操作を習得するためのコースです。
IBM SPSS Text Analytics for Surveysは、自由記述式回答を分析するためのツールです。
データのインポート、主要キーワードの抽出、結果の調整、回答のカテゴリ化を行うことができます。
コースでは、ツールの使い方と合わせてテキスト分析の手順を習得していただきます。

[AAST2I7] IBM SPSS ロジスティック回帰分析入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-15:30 1 AAST2I7

ロジスティック回帰の理論とStatisticsによる実践方法を習得するためのコースです。
ロジスティック回帰は、注目する結果が比率や2値データ(0 or 1、YES or NO)の形で得られるとき、その結果を予測したり、結果にいたる要因を探索したりするのに適した手法です。
当コースでは、SPSSを用いながらロジスティック回帰分析の実践方法を学ぶことができ、このようなデータを扱う機会が多い解析担当者、研究者、技術者、医師にお勧めのコースです。

アプリケーションコース

[AAUD5G7] IBM SPSS Statisticsによるアンケート調査:入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-15:30 1 AAUD5G7

アンケート調査の計画と解析の基本的な知識を習得するコースです。
アンケートの計画段階や調査票(アンケート用紙)の作成における留意事項、アンケートで収集されるデータの特徴、データの集計とグラフによる視覚化、基本的な解析方法を具体例を交えて解説します。

[AAUD6H7] IBM SPSS Statisticsによるアンケート調査:有意性検定の選択と実践

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-15:30 1 AAUD6H7

アンケート調査で得られたデータは、調査の対象となる集団すべてを調べたものではなく、集団から抜き取ってきた一部のデータに過ぎません。
一部のデータから得られた結論を全体に一般化してようかどうかを判断するには、有意性検定(仮説検定)と呼ばれる統計的手法が必要になります。
当コースでは、有意性検定の具体的な使い方、適用の場面、手法の使い分け、利用上の注意点について、IBM SPSS Statisticsを用いながら学習します。

[AAUD6I7] IBM SPSS Statisticsによるアンケート調査:多変量解析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-15:30 1 AAUD6I7

「SPSSを使える環境にあるが、どうやって使ったらよいか、ほとんどわからない」とか、「何となく使っているが、本当にこれでいいのか自信がない…」などの悩みを抱えている方に、下記プログラムの手法を基礎から説明します。
数理的理論の説明は必要最低限とし、むしろ具体例を挙げて基礎事項を説明し、各手法ごとに実際のデータを使った解析演習を交えながら進めていきます。解析手法は、医療系の研究でよく扱われる基本的なものに限定しました。

[AAUD6J7] IBM SPSS Statisticsによるアンケート調査:コレスポンデンス分析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-15:30 1 AAUD6J7

カテゴリカルデータの分析に使用する、コレスポンデンス分析と数量化理論の概念とSPSSによる実行方法を習得するコースです。

[AAUD5X7] IBM SPSS Statisticsによるテキストマイニングとデータの解析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\44,000 \28,600 13:00-17:00 0.5 AAUD5X7

アンケート調査などで見られる自由記述式回答では、文章がデータとして得られます。
このようなデータを統計的に解析するための方法を学ぶためのコースです。
IBM SPSS Text Analysis for Surveysを活用して、文章をカテゴリ化し、さらに、カテゴリ化したデータをさらに多変量解析と呼ばれる統計的方法によって解析することにより、文章を定量的かつ視覚的に整理することが可能になります。

[AAHT6L7] IBM SPSS Statisticsによる医療統計:入門

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-16:30 1 AAHT6L7

「SPSSを使える環境にあるが、どうやって使ったらよいか、ほとんどわからない」とか、「何となく使っているが、本当にこれでいいのか自信がない…」などの悩みを抱えている方に、下記プログラムの手法を基礎から説明します。
数理的理論の説明は必要最低限とし、むしろ具体例を挙げて基礎事項を説明し、各手法ごとに実際のデータを使った解析演習を交えながら進めていきます。解析手法は、医療系の研究でよく扱われる基本的なものに限定しました。

[AAHT6M7] IBM SPSS Statisticsによる医療統計:多変量解析

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-16:30 1 AAHT6M7

「SPSSを使える環境にあるが、どうやって使ったらよいか、ほとんどわからない」とか、「何となく使っているが、本当にこれでいいのか自信がない…」などの悩みを抱えている方に、下記プログラムの手法を基礎から説明します。
数理的理論の説明は必要最低限とし、むしろ具体例を挙げて基礎事項を説明し、各手法ごとに実際のデータを使った解析演習を交えながら進めていきます。解析手法は、医療系の研究でよく扱われる基本的なものに限定しました。

[AAHT021] IBM SPSS 医療統計:論文の統計手法を読む

一般のお客様 教育機関のお客様 時間 日数 コースコード
\60,500 \39,325 9:30-16:30 1 AAHT021

医学研究論文における研究の基礎,よく用いられる統計的記述の意味と解釈,注意点などについての知識を深める。

開催スケジュール

以下よりPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。

スケジュールはこちら

表中の右側に各月毎の開催日がご覧いただけますのでご確認ください。
トレーニングお申し込みの締切りは、コース開催初日の10日前となります。
(開催の10日前を過ぎたコースへのお申し込み可否は、個別にお問い合わせください)

開催場所

東京会場:茅場町(東京都中央区)
http://www.i-learning.jp/download/pdf/map_kayabacho.pdf
* 地下鉄東西線/日比谷線・茅場町駅4番b出口より徒歩5分
* 地下鉄半蔵門線・水天宮前駅2番出口より徒歩8分

名古屋会場(愛知県名古屋市中区)
http://www.i-learning.jp/location/map_nagoya.html
* 市営地下鉄桜通線/鶴舞線 丸の内駅 5番出口 徒歩 3分
* 市営地下鉄桜通線/名城線 久屋大通駅 4番出口 徒歩7分
* 市営地下鉄東山線/鶴舞線 伏見駅 東出口 徒歩12分
* 市営地下鉄東山線/名城線 栄駅 1番出口 徒歩 15分

トレーニングお申し込み方法

Webフォーム

お申し込みは下記のフォームより承っております。
https://adv-analytics.com/training-entry/

PDFによる注文書

こちらのPDFファイルでも承っております。
必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールでご送付ください。

お問い合わせ先

本トレーニングのお問い合わせは、アドバンスト・アナリティクス株式会社へお問い合わせください。

SPSSインフォメーション窓口

TEL 03-6893-7989
受付時間:平日 9:00~17:30

FAX 03-6893-7990

E-mail product@adv-analytics.com